ページ: 1 2

甲鉄城のカバネリ 第6話 「集う光」の感想・考察・ネタバレまとめ

甲鉄城は巨大なカバネの塊――黒けぶりを前に立ち往生していた。
一方、生駒と無名は廃駅の底に落ちていた。周囲はカバネ、無名はガレキの下敷き、援護は望めないという絶望的な状況で、それでもなお生駒は前を向いた。

引用元:「甲鉄城のカバネリ」公式サイト

スポンサーリンク
スポンサードリンク

<感想・考察・ネタバレまとめ>

続く

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。