沈まぬ太陽 第2話のネタバレ・感想・考察まとめ

人員不足による過重労働が引き起こした整備士・中川(徳重聡)の事故死。その現実を目の当たりにした恩地はこのような事態が続けば“空の安全”が脅かされ、大きな事故につながると危惧する。しかし、労働環境改善のための団体交渉は冷酷無比な堂本取締役を相手にして一向に妥結の糸口が見つからない。追い詰められた恩地、行天ら労働組合はついに国民航空始まって以来のストライキ権を行使することとなる。

引用元:エピソード|連続ドラマW 沈まぬ太陽|WOWOW

スポンサーリンク
スポンサードリンク

<ネタバレ感想まとめ>

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。