ディアスポリス-異邦警察- 第6話「フェアウェル、マイチェリー(後編)」のネタバレ・感想・考察まとめ

捜査を進める中で高宮翔子の父親が借金で首が回らない状況を知る。しかし、翔子は妙に金周りがよい、更にはアジアンマフィアの2人組から命も狙われている。久保塚(松田翔太)は鈴木(浜野謙太)を翔子の護衛につかせて、単独で翔子の捜査に切り込んでいく。鈴木は以前にもまして翔子の事を好きになっていくが、翔子は明後日の便でマレーシアに飛び立つことを鈴木に告げる。

引用元:ストーリー|「ディアスポリス 異邦警察」公式サイト

スポンサーリンク
スポンサードリンク

<ネタバレ感想まとめ>

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。