【映画感想】 『十字架』の感想・ネタバレまとめ (劇場公開日 2016年2月6日) 小出恵介 木村文乃 永瀬正敏 富田靖子

吉川英治文学賞を受賞した重松清の同名小説を原作に、自殺した少年の両親や同級生たちの20年間にわたる苦悩や葛藤を描いた人間ドラマ。中学2年生の秋、クラスでいじめを受けていたフジシュンこと藤井俊介が自ら命を絶った。遺書で親友と書かれてしまったユウと、その日が自分の誕生日だったサユは、それぞれ重い十字架を背負いながらその後の人生を歩み続ける…

引用元:十字架 : 作品情報 – 映画.com

スポンサーリンク
スポンサードリンク

<感想まとめ ※ネタバレあり>

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。