【映画感想】 『ホテルコパン』の感想・ネタバレまとめ (劇場公開日 2016年2月13日) 市原隼人主演

元教師の海人祐介が2年前から働く、長野県白馬村にあるホテルコパン。1998年の長野オリンピック当時のにぎわいも過去のものとなり、オーナーの桜木は当時の活気を取り戻そうと躍起になるが、簡単に客が集まることはなかった。そんな閑散とするホテルコパンに偶然にも複数の宿泊客が訪れることになった。しかし、彼らはいずれも問題を抱えていた。海人の中学校教師時代にいじめを苦に自殺してしまった生徒の母親、多額の負債を抱える宗教団体の教祖、昔は脚光を浴びていた老女優……それぞれの人生の山場がホテルコパンでぶつかり合う。主人公・海人役の市原ほか、近藤芳正、清水美砂らが共演。

引用元:ホテルコパン : 作品情報 – 映画.com

スポンサーリンク
スポンサードリンク

<感想まとめ ※ネタバレあり>

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。