【映画ネタバレ感想まとめ】 『ボヴァリー夫人とパン屋』 (劇場公開日 2015年7月11日)

フランス西部ノルマンディーの小さな村で稼業のパン屋を継ぎながら平凡な毎日を送るマルタン。彼の唯一の楽しみは文学。中でも「ボヴァリー夫人」は繰り返し読み続けている彼の愛読書だ。ある日、彼の向かいにイギリス人夫妻、ジェマとチャーリー・ボヴァリーが引っ越してきた。この偶然に驚いたマルタンは、小説のように奔放な現実のボヴァリー夫人=ジェマから目が離せなくなってしまう

引用元:ボヴァリー夫人とパン屋 : 作品情報 – 映画.com

スポンサーリンク
スポンサードリンク

<ネタバレ感想まとめ>

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。