【映画ネタバレ感想まとめ】 『バトルフィールド』 (劇場公開日 2015年6月27日)

西暦1066年ノルマンディー公ウィリアムによるイングランド征服を題材に描いたイギリス発のアクション作品。征服王ウィリアムにより制圧され、10万人ものサクソン人が虐殺されたイングランド。ある時、圧政をしく領主デュラント卿に苦しめられる農民たちの前に、放浪者シャドウ・ウォーカーが現れ、兵士たちを倒してデュラント卿の息子を人質に取る。シャドウ・ウォーカーは、かつて父を叔父のデュラント卿に殺され、国を奪われたノルマン貴族の王子で、農民たちは彼をリーダーに砦を築き、軍勢との最終決戦に臨む。

引用元:バトルフィールド : 作品情報 – 映画.com

スポンサーリンク
スポンサードリンク

<ネタバレ感想まとめ>

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。